最速転職HUPRO(ヒュープロ)の評判・口コミを徹底分析してみた

ネクタイをして仕事にでる男性ビジネスマン

この記事をご覧になっている方の多くが、転職エージェント、HUPRO(ヒュープロ)に関心があることと思います。

特に転職を考えてる人にとっては

  • HUPRO(ヒュープロ)の評判・口コミはどのようなものだろうか
  • HUPRO(ヒュープロ)のメリットとデメリットを知りたい
  • HUPRO(ヒュープロ)が自分に合うか心配

など疑問や不安はつきものです。

当然ながら、未経験者も含めて転職の失敗は絶対に避けたいところ。

そこで今回は、評判・口コミをもとに転職エージェント、HUPRO(ヒュープロ)を徹底分析していきます。

HUPRO(ヒュープロ)と二人三脚でキャリアを切り開いていく姿をイメージしていただけるはずです。

この記事の執筆者

・実務経験、通算20年以上
・独立までに大・中・小の3つの事務所に勤務(他に特許事務所経験あり)
・資格:税理士・公認会計士・弁理士
・独立後は会計・特許事務所を運営

目次

HUPRO(ヒュープロ)について~筆者の調査結果と感想~

最初にヒュープロについての筆者の調査結果、及び感想を示しておきます。

まずは主な特徴・強みを挙げてみましょう(個々の詳細は後述)。

会計業界向けのエージェントは他にもありますが、他社との比較を踏まえると、
次のようなアドバンテージがあると言えます(特に最初の二つ)。

  • 会計事務所・税理士法人の求人数が業界最大級
  • スピード対応により転職が決まるまでの期間が業界の中で最短
  • 会計業界特化型であることから、アドバイザーの知識が豊富
  • 面接対策が特に素晴らしい

また、上記以外にヒュープロについて筆者が感じたのが、良い意味でのシンプルさ。
他のエージェントは(いろいろと充実しているのは良いのですが)情報があまりに多すぎて、本当に自分にとって何が必要なのかわかりづらかったりします。

最悪、過度な情報に振り回され、時間と労力をかけた割には、満足いく職場に出会えなかった…なんてことも。

この点、ヒュープロでは余分な情報は極力省いて、求職者に本当に必要なものだけをピンポイントで提示してくれると思います。

次はヒュープロに向く人について。
例えば

  • 税理士事務所・企業経理に転職したい方
  • できるだけ早く転職を成功させたい方

これらの方は最有力候補としてヒュープロを選びつつ、もう2~3社補完的にエージェントを活用していくのがベストと考えます(一般的にエージェントは複数併用していきます~後述~)。

HUPRO(ヒュープロ)の評判・口コミ

携帯で情報を集める男女

ヒュープロの評判・口コミについては、一定の傾向がみられます。
ここではその代表的なものをいくつか挙げてみます。
※コメント中の太字(強調)は筆者による

転職が初めてでも安心。求人紹介、面接対策もしっかりしている:★★★★★

転職活動が初めてで不安でしたが、最初から最後まで丁寧にフォローしていただき、無事に内定をもらうことができました。 担当の方は、私の希望やスキルをしっかりと理解し、条件に合った求人を紹介していただきました。また、面接対策もしっかりしていただき、自信を持って臨むことができました。 転職活動は不安なことも多いですが、このエージェントを利用すれば安心して進めることができると思います。本当に感謝しています。

Googleマップ

長い離職期間と未経験でも希望の転職が叶う:★★★★

いくつか転職エージェントを利用しましたが、自身の活かしたい強みを汲んでもらえて紹介企業のマッチ度も1番よく感じました。 ただ1つ、初回の面談日に電話が来ず、次の日にようやく連絡か来たのがちょっと心配でした。。。 1度はそれで利用をやめようとも考えましたが、エージェントさんはとても親身に話を聞いてくれる方で、長い離職期間と未経験ということもあり、諦めかけていたところ、おかけ様で希望に合った就職先に出会うことができ、現在とても満足しています。

Googleマップ

初回面談から3週間で希望の会社に内定:★★★★★

転職活動で利用させていただきました。 担当者の方が、面接を受ける会社の情報や面接のときの注意点・傾向等も教えてくださったおかげで、担当者の方との初回面談から3週間で無事に希望していた会社から内定をいただきました。 おすすめできるエージェントさんです!

Googleマップ

登録して1週間で決まる!面接対策も手厚い:★★★★

やりたい職種は絞れているのに、他の転職サイトではエントリーしても内部選考にすら通らず、ヤキモキしているところに出会いました。 登録して1週間で現職に決まり、今は毎日充実しております。 電話での希望業種・職種のヒアリングや、面接対策の面談など手厚く対応していただきました。 やはり餅は餅屋だなと実感いたしました。 次(はできればない方向でいただきたいものの)も利用したいと思います。

Googleマップ

税理士事務所の求人が豊富。事務所未経験でもOK:★★★★

一般企業に経理事務として7年間勤務していましたが、税理士事務所で働いてみたいという思いがあり、こちらに登録して転職活動をしました。他のエージェントに比べて、税理士事務所の求人を多く取り扱っていたことが決め手です。担当者は少し素っ気ない印象もありましたが、私からの質問に対しては丁寧にわかりやすく答えてくれました。面接などの段取りも、前職に迷惑をかけないよう配慮して調整してくれたと思います。税理士事務所での勤務は未経験で大丈夫かな?という不安はありましたが、無事、第一希望にしていた所に採用されました。名前のとおり、本当に早く転職先が決まって良かったです。

みん評

以上が主なプラスの評判・口コミとなります。

多くの方が

  • 対応が早く、短期間の間に転職が決まった
  • 面接対策が充実しており、不安なく活動を進められた

とコメントしておられました。

特に経理関係では(営業と異なり)面接が苦手、あるいは不安、という方が少なくありません。

そのような中でヒュープロは業界特化の強みを発揮されているように感じました。

他にも

  • 初めての転職でも安心して臨めた
  • 未経験者でも希望の転職がかなった

などの声も多かったです。

次にマイナスの評価・口コミも若干ですがありましたので拾ってみたいと思います。

ハローワークに言った方がいい?と言われた:☆☆☆☆

電話面談の時、履歴書、職務経歴書を見てどうでもいいと思われたらしく「エージェントを使うんじゃなくて、ハローワーク行ったほうがいいと思いますよ。」と暴言吐かれました。だったらその前に面談を断って欲しいです。かなり不愉快でした。

Googleマップ

数か月間、連絡なし:☆☆☆☆

履歴書と職務経歴書の提出を急かせておいてその後数ヶ月連絡がなく半年後くらいたってから着信が何件かありましたが、その時には既に転職先に勤めていたため出ませんでした。 今度転職をする機会があったとしてもこちらにはお願いしません。

Googleマップ

転職エージェントと言えども、最終的には生身の人間が対応しますので、担当者の個人差や相性の良し悪しが完全には排除できません。

もちろん「不適切な対応」と思える事象についてはエージェントに伝えておくべきです。

また、メール等のやり取りでは、現実には(行き違いなどから)”送った・送らない”のトラブルが生じたりします。

もし万一、こうした事態が発生したら、まずは冷静に再度電話等で確認してみましょう。

エージェントとしての信頼性・誠実性が問われる場面なので、会社としても真摯に対応してくれるはずです。

注:何事もそうですが、残念ながら100%完璧の保証はありません。
そこでポイントとなってくるのが複数のエージェントの併用です。

HUPRO(ヒュープロ)とはこんなエージェント

会社名株式会社ヒュープロ
設立2015年11月19日
資本金2億2,740万円
所在地〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-16-4 野村不動産渋谷道玄坂ビル 4階/6階(受付)
事業内容士業、管理部門のキャリア支援
求人数10,000件~
主な年齢層20代~50代

求人の内訳。

業種別扱い件数
税理士・税務スタッフ6,147件
経理2,494件
財務731件
公認会計士300件
人事・労務453件
社会保険労務士579件
CFO(候補)59件
FAS・M&Aコンサル141件
未経験者可1,333件
ヒュープロ公式サイト(検索面)からリサーチ:2024年2月2日現在
会社区分別扱い件数
税理士法人・会計事務所5,948件
上場企業701件
非上場企業1,913件
監査法人48件
社会保険労務士事務所346件
ヒュープロ公式サイト(TOP)からリサーチ:2024年2月2日現在

特に着目したいのが、会計事務所系の求人が業界では最大級を誇ること。

会計事務所の転職を検討している人が真っ先に登録しておきたい理由でもあります。

また、歴史は他のエージェントに比べ比較的新しいものの、見方を変えれば社長をはじめスタッフが若く、とても柔軟性に富んでいると言えます。

独自のアルゴリズム・AI技術のいち早い導入からも、エージェントとしての発展性や柔軟性が窺えます。

登録は無料でたったの1分 !

HUPRO(ヒュープロ)のメリット

会計事務所を中心に求人数が圧倒的に多い

ヒュープロの強みは、会計事務所・税理士法人を中心とする圧倒的な求人数と言えます。
データで示したように、業界トップクラスと言えるでしょう。

また、いくら求人数が多くても、そこから各人の希望に合った案件を的確にセレクトできなくては意味がありません。
ヒュープロではこの難題を独自アルゴリズムやAI技術のいち早い導入で見事にクリアしています。

実際、未経験者から特定の専門分野・パートナークラス(ベテランレベルを含む)まで幅広いリクエストに対応しています。

もちろんヒュープロでも非公開案件は充実。
会員登録をすることでヒュープロ独占非公開求人の紹介も受けることができます。

今日では、企業の戦略性や人事の秘匿性、選考効率等から、非公開案件を重視する傾向にあります。

レスポンスが早く、スピーディーな転職を実現

口コミでも必ずと言ってよいほど挙げられるのがスピーディーな対応。
ヒュープロのもう一つのアドバンテージです。

多くの方が3週間~1か月ほどで内定を獲得しています最短でわずか1日の実績もあり)。

他方、あくまで転職活動は求職者のペースで進めていきたいもの。

資格勉強の時間を確保できる環境に転職したいが、転職活動をする余裕がない…。
働きながら家事も育児もしてさらに転職活動なんて無理…など、様々です。

そこでスピードを意識しつつも、あくまで求職者に寄り添ったサポートをしていきます。

面接1回のみの求人も多数!
煩雑な日程調整の支援なども行い、忙しい人の転職をサポートしてくれます。

業界に特化しているため、アドバイザーの対応が的確

会計業界は一般的な転職市場とは異なる側面があるものです。

例えば税理士事務所でしたら、繁忙期があったり、仕事をしながら受験勉強をするのが普通です。

また求職者が専門家であることも多く、業界に精通していないとヒアリングはもちろん、的確な案件紹介が難しかったりします。

一般的な人事の知識・ノウハウだけでは対応が難しくなってくるのです。

この点、やはり業界に特化していることで、そのサポートの質は変わってくるもの。

ヒュープロでは業界に精通した専門のアドバイザーが、求職者の一人ひとりにマッチした的確な求人だけを紹介してくれます。

各種サービスやフォローが万全

ヒュープロでは次のようなサービスが充実しています。

  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 年収交渉などのアフターフォロー

この中でも特に面接対策は好評です。
企業の特色や面接担当者の性格を踏まえた、模擬面接を実施するほか、面接のポイントを教えてくれます。

また、求人企業側に直接聞きづらい事項(離職率など)もエージェント経由なら確認しやすいと言えます。

あと条件交渉などは(求職者自らは)しづらいものですが、こうしたサポートもヒュープロなら全てお任せです。

もちろん以上のサービスは全て無料です。

HUPRO(ヒュープロ)のデメリット

担当者による質のバラツキや相性の問題がある

まず注意点として、(デメリットに挙げていますが)担当者によってバラつきがあるのは、ヒュープロに限ったことではありません。

求職者側からすればデメリットですが、他のエージェントでも、この点はついて回るものです。

地心に偏りがちで、地方は比較的少なめ

参考までに扱っている案件の主な勤務地を以下で挙げておきます。

全体的に首都圏に集中していると言えるでしょう。

今後はさらに拡充されていくものと期待されますが、会計業界の地域的特性に鑑みると、この傾向はある程度続くとみられます。

参考:主な勤務地(2024年2月3日現在)

東京6,507件
大阪1,222件
神奈川県646件
愛知県393件
福岡県362件
ヒュープロサイト(検索面)からリサーチ

会計・経理、労務以外の士業・管理部署は相対的に弱い

これはデメリットというより、ヒュープロの強み・メリットの裏返しと言った方がよいかもしれません。
業界特化型のエージェントの特徴です。

会計業界以外の士業事務所や管理部署については、他のエージェントとの併用をオススメします。

登録は無料でたったの1分 !

HUPRO(ヒュープロ)をオススメできる人

オススメできる人
  • 会計事務所への転職希望者(特に税理士もしくは税理士志望者)
  • 短期間で効率的に成果を出したい方
  • 仕事や勉強、子育てで忙しい方
  • 応募書類の添削や面接指導をきめ細かくやってもらいたい方

一言でいえば、会計事務所等への転職希望者で、特に忙しい中にあって、スピーディーに成果を出したい方に向いていると言えるでしょう。

HUPRO(ヒュープロ)をオススメできない人

次にオススメできない人についてです。

オススメできない人
  • じっくり時間をかけて転職活動したい方
  • AIなどのIT技術を介在させず、一貫して人為的なサポートをしてもらいたい方
  • 会計等の管理部署以外の一般的な職種(企業の営業や企画など)への転職希望者
  • 都心ではなく地方勤務を必須の条件とする方

結論的には、アナログ志向の人は避けた方がよい、ということになるでしょうか。

営業職やクリエイティブな職を求める方も同様です。

また、現在、勤務地は比較的、都心部がメインですので、どうしても地方勤務を希望する方は難しい結果となるかもしれません。

ただし会計部門以外の管理部門や地方勤務を希望する方であっても、ヒュープロを登録しておいて損はない、と考えます。

これらの領域についても今後さらに拡充が期待できますし、複数のエージェントの利用は各人の選択の幅を広げてくれるからです。

万一、HUPRO(ヒュープロ)が自分に合わない場合

仕事中に、ふと考え込む男性
  • 担当者を変えてもらうようメールで伝える
  • 複数のエージェントを同時並行で活用する

一般的に言って万人に100%の満足を保証できるエージェントなどありません。

特に人が介在する以上、担当者との相性などは完全には排除できなかったりします。

結果として自分の希望や思いと乖離していた、なんてことも。

そこで意味を持ってくるのが、複数のエージェントの活用です。

そうすることで次のようなことが可能となります。

  • 担当者のバラツキのリスクを低減できる
  • 様々なエージェントを比較できる
  • エージェントごとの独占案件(非公開案件)をチェックできる

ただし(複数エージェントの活用自体はOKですが)複数のエージェントから同じ求人企業に応募するのはNG。
注意しておきたいところです。

なお、会計事務所等の転職エージェントとしては、ヒュープロのほかに次の4社がオススメです(会計・税務を得意としています。)
※各エージェントのプロモーションを含みます。

スクロールできます
MS-Japanジャスネットキャリアレックスアドバイザーズマイナビ税理士
得意分野管理部門
士業
会計士・税理士
経理・財務
会計士・税理士
経理・財務
税理士
科目合格者
主な年齢層20代~50代20代・30代20代~40代20代・30代
設立1990年1996年2002年1973年

HUPRO(ヒュープロ)の具体的な求人内容(参考)

オフィスのミーティングルーム

ここでは具体的な求人例を紹介しておきます(ヒュープロの検索システムより)。

会計事務所・税理士法人

スクロールできます
年収範囲仕事内容
400万~700万円税務コンサル・IPO関連・M&A関連
420万~720万円税務申告・記帳業務
300万~500万円資金繰り・資本政策・財務シミュレーション
300万~800万円申告書作成・決算・外資系のバックオフィス業務

会計事務所・税理士に強いだけあって、求人件数は約6000件ありました。

また、年収帯としては400万から700万円ぐらいが多く、凡そ業界の相場と言えるでしょう(下限は未経験者などを想定していると考えられます)。

仕事内容についても、一般的な記帳代行や申告書作成以外にも、コンサル的な業務が多々見受けられました。

資産税・相続税関連

スクロールできます
年収範囲仕事内容
350万~800万円相続・贈与・譲渡・事業承継
500万~750万資産税・資本政策・組織再編・M&A
560万~1,000万円相続税・贈与税の申告書作成・補助業務
500万~750万円相続対策・申告業務

一応、資産税を念頭に検索してみたのですが、資産税だけでなく、一般税務を兼ねているところも少なくありませんでした。

年収範囲は一般税務よりワンランク高い一方、超高給とまではいかないようです。

事業会社

スクロールできます
年収範囲仕事内容
500万~800万円経理全般・経理マネージャー
400万~600万円経理メンバー・決算からIPO準備まで幅広い経理業務
450万~750万円経理課長候補・決算・IPO準備
500万~800万円経理業務含めたバックオフィス全般

一般企業についてですが、思った以上に求人数がありました(検索ヒット数、2000件以上)。着実に求人の幅を広げているのが窺えます。

仕事内容については、単なる経理事務というより、管理職(候補)を求めている案件が多かったです。

年収1,000万円以上の求人例

スクロールできます
年収範囲求人企業仕事内容
1,200万~2,000万円上場企業経理部長候補・連結決算、開示業務
1,200万~1,600万円上場企業CFO候補・会社全体の戦略企画・立案
1,500~2,400万円スタートアップCFO(候補)IPO準備・管理部門全般の総括
1,000万~1,500万円ベンチャー企業CFO(候補)IPO準備・ファイナンス戦略立案
1,000万~1,200万円税理士法人事業承継・組織再編・事業再生、大手企業へのコンサル
1,050万~1,330万円税理士法人相続税申告業務の取りまとめ・チームマネージメント

ご覧の通り、求人案件は、上場企業の幹部候補、IPO準備のCFO候補、そして資産税・事業承継等のコンサル案件が中心です。

このクラスになると、年収帯も、最初にご紹介した(一般的な)会計事務所とは一線を画します。

>>税理士業界最大級!ヒュープロに無料会員登録

登録は無料でたったの1分 !

HUPRO(ヒュープロ)への登録から内定・入社までの流れ

合意の握手
STEP
会員登録

メールアドレスやパスワードを設定するだけ。1分で完了します。
掲載求人の詳細情報が閲覧できます。
もちろん無料です。

STEP
面談・カウンセリング

対面またはオンラインで行います(※)
電話もOK(20~30分ほど)。ここでできる限り希望条件を伝えておきます。

STEP
求人紹介・応募

ここで具体的な求人紹介を受けるのですが、自分の希望条件に合うかしっかり見極めてから応募します。
(注:もし合わなければ妥協せず、その旨を伝えることが大切です。)
また、具体的に応募する前に、職務経歴書等の応募書類の添削を受けます。

STEP
面接

事前に面接対策をしてくれます。
特にヒュープロの面接アドバイスには定評があるので、有効活用しましょう。

STEP
内定・入社

いよいよ転職活動の最終段階です。
内定後のフォローもヒュープロなら万全!正式入社の前に条件面の確認から給与交渉までしていただけます。

(※)この中で一番大切なのは面談(カウンセリング)です。

最初の面談で大まかな方向性が決まっていきます。
それこそ(膨大な選択肢からの)提案はもとより、各種アドバイスまでをも左右します。

もちろん気負う必要は全くなく、あくまで自然体で構いません。
正直にこれまでの経歴や希望を伝えればよいのです。

登録は無料でたったの1分 !

【Q&A】HUPRO(ヒュープロ)に関してよくある質問

利用にあたり最後まで無料ですか?

はい。登録から内定・入社まで完全無料であり、求職者が料金を負担することはありません。
ヒュープロも含めて転職エージェントは、採用企業側から報酬を頂くことになっています。

退会するにはどうすればよい?

退会方法は実にシンプルです。
管理画面「マイページ」の下部から退会ページに入り、フォームに退会理由を記載して「退会する」をクリックするだけです。

紹介された案件は必ず応募しないといけないの?

そんなことはありません。自分が希望しない案件であれば、はっきりと辞退すべきです。
ただし辞退の際には、その理由も添えておきます。その後のミスマッチを防げるでしょう。

無理に転職を勧められないか心配

無理に転職を勧められたり入社を強いられることはありません。
転職の相談だけもOKなので、迷っているのであれば、まずは気軽に無料登録してみましょう。

まとめ

最後に転職エージェント、ヒュープロについて総括しておきます。

  • 税理士・会計事務所転職の求人数が業界最大級
  • スピーディーな対応を得意としており、かつ忙しい方にも柔軟に対応
  • 各人の希望や条件をキメ細かく聞いてくれる
  • 未経験者から各専門分野まで幅広く扱っている
  • 面接対策や報酬交渉など人的サポート面も充実
  • 担当者によって対応に幅があったり、相性の良し悪しがあったりする
  • 勤務地は都心部が中心

ヒュープロは、会社としての歴史は比較的新しいものの、総合的に見て発展性や柔軟性に富んでいると言えます。

また、業界知識や精通度も高い一方、若さも兼ね備えていることから、気軽に様々な相談やリクエストができるのもヒュープロならではです。

初心者から経験者まで、特に会計事務所転職を検討している方でしたら、真っ先に登録しておくべきエージェントと断言できます!

料金は一切かからないうえ、登録手続も簡単ですので、まずは一歩を踏み出しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次